安全運転マネジメント
 

安全に対する基本方針

 

『SAFETY & ECOLOGY DRIVING

わたしたちは

21世紀を生きる物流サービス企業として

人と自然を大切にし

良質なサービスを通じて

豊かな地域社会づくりに

貢献します

 

 平成27年度(平成27年4月1日〜平成28年3月31日)結果

 

 ◆目標

  1. 新聞、折込広告、資材その他を販売店などに配送する物流サービス事業では、安全確実・迅速をモットーに、お客様のニーズに応え、ともに繁栄する道を目指します。
     

  2. 社員とともに成長します。教育・訓練を通じた能力開発や入社時の初心を大切にし、健康で働きがいのある職場、家族の幸せのために、みんなで知恵と 力を出し合います。
     

  3. 社会貢献を追及します。社会に貢献する物流サービスの仕事は、他方で環境破壊、交通事故を生み出します。安全運転エコドライブを徹底し、 いのちと地球環境を守ります。
     

 〜平成27年度の重点目標〜
     1.安全とエコを車の両輪として社業にあたろう。

 

 ◆事故防止の具体的な目標

  1. 事故を防ぎます。 
     
      平成27年度目標   平成27年度結果
    人身事故 0件 0件
    物損事故 0件 5件

    平成27年度自動車事故報告規則に規定する事故0件

     

  2. 速度を厳守し、一般道では60kmを超えません。危険回避のため早めのブレーキをします。
     

 

 ◆基本的実施項目(計画)

  1. 日常点検を確実に実施し、デジタコによる運転日報の管理を行います。
    運行前、運行後とも確実に出来ています。
    バックブザーの点検も実施しています。

     
  2. 事故が起きた場合、ただちに朝礼・終礼で全社員に周知し、小部会単位で事故の検証を行い、再発防止に努めます。
    朝礼で周知出来ています。
    小部会単位でも話し合っています。

     
  3. AES・GREEN委員会の提示する毎月のスローガン・重点管理目標 の掲示を励行し、個々の意識 を高めます。
    毎週月曜日の朝礼で励行しています。
     
  4. 健康診断・適性診断を確実に実施し 、日々の健康管理に努めます。
    健康診断は深夜勤務者は半年に1回、適性診断は3年に1回実施できています。
     
  5. 安全運転の勉強会を小部会単位で実施します。
    計画表に基づき実施 出来ています。
     
  6. 運行経路の統一を図り、ヒヤリ・ハットや事故が起きた場所を 点呼時に再確認するなど、ヒヤリ・ハットメモを活用します。また、構内での事故の再発防止に努めます
    運行経路の統一は出来ています。
    ヒヤリ・ハットがあったときは、朝礼等で報告はありますが、メモは活用出来ていません。

     
  7. 内部監査委員会で各委員会の実施状況の監査を実施し、監査結果に基づいて改善をしていきます。
     

徳島トラフィックサービス株式会社 本社営業所

 

 平成28年度(平成28年4月1日〜平成29年3月31日)公表用

 

 ◆目標

  1. 新聞、折込広告、資材その他を販売店などに配送する物流サービス事業では、安全確実・迅速をモットーに、お客様のニーズに応え、ともに繁栄する道を目指します。
     

  2. 社員とともに成長します。教育・訓練を通じた能力開発や入社時の初心を大切にし、健康で働きがいのある職場、家族の幸せのために、みんなで知恵と力を出し合います。
     

  3. 社会貢献を追及します。社会に貢献する物流サービスの仕事は、他方で環境破壊、交通事故を生み出します。安全運転エコドライブを徹底し、 いのちと地球環境を守ります。
     

 〜平成28年度の重点目標〜
     1.安全とエコを車の両輪として社業にあたろう。

 

◆事故防止の具体的な目標

  1. 事故を防ぎます。 
     
      平成27年度結果   平成28年度目標
    人身事故 0 0件
    物損事故 5 0件

    平成27年度自動車事故報告規則に規定する事故0件

     

  2. 速度を厳守し、一般道では60kmを超えません。 (将来の為に法定速度の遵守を目標にします)
    危険回避のため早めのブレーキをします。

 

 

 ◆基本的実施項目(計画)

  1. 日常点検を確実に実施し、デジタコによる運転日報の管理を行います。
     
  2. 事故が起きた場合、ただちに朝礼・終礼で全社員に周知し、小部会単位で事故の検証を行い、再発防止に努めます。
     
  3. AES・GREEN委員会の提示する毎月のスローガン・重点管理目標の掲示を励行し、個々の意識を高めます。
     
  4. 健康診断・適性診断を確実に実施し、日々の健康管理に努めます。
     
  5. 安全運転の勉強会を小部会単位で実施します。
     
  6. 運行経路の統一を図り、ヒヤリ・ハットや事故が起きた場所を点呼時に再確認するなど、ヒヤリ・ハットメモを活用します。 また、構内での事故の再発防止に努めます。
     
  7. 運輸安全マネジメント確認委員会で監査を実施し、監査結果に基づいて改善をしていきます。
     

徳島トラフィックサービス株式会社 本社営業所

 

 

 

 

 

社内ニュースへ ホームへ ページの先頭へ

 

Copyright © TOKUSHIMA TRAFFIC SERVICE Co., Ltd.  All Rights Reserved